西久大運輸倉庫のSDGsへの取り組み

Sustainable Development Goals

SDGs

SDGsへの取り組み

持続可能な社会の発展と自社の持続的成長の両立

2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

西久大運輸倉庫株式会社

西久大のサスティナビリティへの取り組み

私たちは、創業来「安全第一・至誠一貫・敬客愛品」を社是として、邁進してまいりました。
この社是には、“人を大切に・相手の立場に立って真心を・社会奉仕”の精神があり、
創業来受け継いだ私たちのDNAには、元来SDGsの精神が根付いています。
私たちは、社会に対する企業の責任として、輸送・サービス・コミュニケーション・ヒト・インフラに戦略を組み込み、
本業を通じた活動により、持続可能な社会の実現に向け役割を果たしていきます。

私たちの社是に組み込まれたサステナビリティ

“創業来受け継いだ私たちの根本精神” 元々、我々の企業には、SDGsの精神が根付いている。

社是

安全第一

“人”を大切に
SAFETY FIRS

人を大切に

至誠一貫

常に相手の立場に立って
真心を尽くす

至誠一貫

敬客愛品

お客様を敬い
商品に愛情を持って接する

敬客愛品

西久大運輸倉庫株式会社の事業活動とSDGsの関係性

輸送・サービス・コミュニケーション・ヒト・インフラに戦略を組み込み本業を通じた活動を行う。

事業拡大に紐づく社会的責任の追求

事業拡大に紐づく社会的責任の追求

3.すべての人に健康と福祉を

3.すべての人に健康と福祉を

  • 安全教育の推進

    毎月、安全運行重点目標を定め、年に1回の無事故無違反乗務員表彰制度を実施しています。
    また、安全対策動画を多数準備し、運転手・リフトマンが時間の制約なく視聴することにより、交通事故・トラブル削減に取り組んでいます。

  • ドライバーの健康管理

    デジタルタコグラフを利用して全ドライバーの拘束時間・残業時間を一括で見える化し、ドライバーの健康管理につなげています。

8.働きがいも経済成長も

8.働きがいも経済成長も

  • 長時間労働の是正、ワークライフバランスの実現

    コンプライアンス遵守と社員満足度向上のため、就労時間の制限を強化し、生産性の向上や労務管理の適正化などによる働き方改革を進めています。

  • 福利厚生の充実化

    うきは屋部山荘にて、自然環境豊かな施設への投資運営を行い、社員の福利厚生施設として活用されています。

  • うきは屋部山荘についてさらに詳しく

  • 女性活躍促進

    所属・部署に関係なく女性が活躍しています。また、女性運転手・リフトウーマンも積極的に採用しています。さらに、出産・育児に関する制度を充実化し、女性が働きやすくするための環境整備も実施しています。

  • 人事・評価制度の構築

    作業職・事務員全員がキャリアパスを設計できるよう、日本一働きやすい物流会社を目指すことを目標とした人事制度を構築しています。

  • ハラスメント窓口

    公正で安心して働くことができる職場を目指し、社外・社内ともにハラスメント窓口を設置しています。

11.住み続けられるまちづくりを

11.住み続けられるまちづくりを

  • ボランティア活動の推進

    「敬客愛品」の社是を礎に、菊花展への運ぶボランティアなど社会奉仕活動を行っています。

  • 地域活動への参加

    うきは屋部山荘においては、駐車場とトイレを整備し、地域のイベントや研修会等に開放しており、地域の人々の憩いの場としても活用されています。

  • うきは屋部山荘・屋部地蔵公園についてさらに詳しく

  • エコドライブの推進

    デジタルタコグラフを全車両に設置し、運転の見える化を行い、消費燃料の削減・エコドライブを推進しています。

  • 自然環境施設への投資と運営

    うきは屋部山荘に隣接する屋部地蔵公園で樹林運営を行い、緑化によるCO2削減に寄与しています。

  • うきは屋部山荘・屋部地蔵公園についてさらに詳しく

13.気候変動に具体的な対策を

13.気候変動に具体的な対策を

  • 環境に配慮した車両の導入

    ハイブリット大型冷凍車(環境適応車)の導入を予定しており、今後もその推進を図ります。

    環境適応車についてさらに詳しく

  • モーダルシフトの推進(CO2排出量はトラック輸送の1/6)

    当社は、時代の流れを見すえ、自社の鉄道貨物を取り扱う目的で大正6年に設立した通運会社を前身とし、通運業は、創業以来、継続的に取り組んでいる事業です。

  • モーダルシフトの推進についてさらに詳しく

  • 共同配送の推進

    届け先の共通する複数の荷主が互いに荷物を持ちより、特定エリアの配送業務を共同で行う共同配送への取り組みにトライすることにより、CO2排出量の削減を目指します。

環境に配慮した車両の導入
環境に配慮した車両の導入

賃物運送・営業倉庫・通関業などを中心に、その他事業も幅広く展開いたしております。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

お電話でのお問い合わせは最寄りの営業所へ

最寄りの営業所を見る